ルコウソウ(縷紅草、留紅草)  Quamoclit vulgaris/ヒルガオ科/一年草蔓植物/別名 サイプレスバイン
 2001年10月6日、西谷付近の帷子川沿いの歩道で。

 熱帯アメリカ原産。
 観賞のため垣根やアーチを作り、また鉢植えに栽培される。
 つる(茎)は2〜4m。羽状に細かく切れ込む葉は互生する。
 花期は7〜10月。花は筒先が星形で直径2cm、白花品種もあり。
 本種とマルバルコウソウとの交雑種のハゴロモルコウソウもよく栽培される。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system