イボクサ(疣草)  Murdannia keisak/ツユクサ科/一年草
 2007年9月23日、新潟市福島潟


 名前の由来:疣草(いぼくさ)。葉の汁をつけるとイボがとれるといわれることから。別名イボトリグサ
 本州〜沖縄の湿地や田に生える。
 茎は地をはい、先は斜めにのびる。茎は紅紫色を帯びて、高さ20〜30cm。葉は長さ2〜6cmの線状披針形で、基部は短い葉硝となる。
 茎先または上部の葉のわきに径約1.3cmほどの淡紅色の3弁花をつける。花期:8〜10月。花弁の先は紅紫色(こうししょく)を帯びる。一日花。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system