一年草(いちねんそう) 一年生草本ともいう。生活史を一年で終える一年生植物のうち、通常は春に種子から発芽して夏から秋に開花結実し、冬までに根まで完全に枯れて種子を残す植物をさし、越冬した後に開花し、生活史を終える越年草と区別して用いる。
羽状複葉(うじょうふくよう) 小葉が葉軸の両側に羽状に並んだ葉。頂小葉を欠くときは偶数羽状複葉となるが、多くは頂小葉を有する奇数羽状複葉である。
開出(かいしゅつ) 主軸から枝が分かれてでるときや、茎の面に毛が生えているとき、広い角度ででていること。
蕚(がく) 花弁の外側につくもの。その一枚一枚を蕚片(がくへん)という。
蕚筒(がくとう) 合弁がくにおいて、下部の合着して筒になった部分をいう。
花冠(かかん) ひとつの花を構成する花弁全体(内花被;ないかひ)をまとめた呼び方。花弁が一枚一枚離れているものを離弁花冠、合着しているものを合弁花冠という。
果実 実のこと。袋果、痩果、穎果など乾いた果実は乾果、石果や液果など水分の多い果実は多肉果ともいう。
花糸(かし) おしべの葯(やく)を支える柄の部分で多くは細長い棒状や糸状をしている。
花序(かじょ) 1.花のつき方。種類ごとにきまっている。
2.花のついている枝全体の総称。
花柱(かちゅう) めしべの子房柱頭との間の部分。
花盤(かばん) 花托の一部が肥大し、盤状になったもの。
花被(かひ) がくと花冠の総称。通常2輪に並んでおり、外側のものをがくまたは外花被、内側のものを花冠または内花被という。同質で区別できないとき両者を合わせて花被と呼ぶ。
花被片(かひへん) 花被の一枚一枚の裂片をいう。
仮雄蕊(かゆうずい) 仮おしべ
仮おしべ 雄しべが退化して小形化したり変形したりして機能を失ったものをいう。
距(きょ) がくや花弁の一部が中空で細長く突出したもの。蜜をためる。
鋸歯(きょし) 葉の縁などにあるギザギザの凹凸のことで、その先端がすべて前方に傾くものをいう。
菌根植物(きんこんしょくぶつ) 菌類と共生する根を持つ植物。例:ギンリョウソウ、タシロラン。
舷部(げんぶ) ① サオイモ科植物の仏炎苞の上半部分で葉序に広がった部分をいう。
合弁花(ごうべんか) 花弁どうしが合着している花冠
合弁がく(蕚) 離弁がくに対する語。がく片の下部が互いに合着しているがくをいう。
互生(ごせい) 1.葉が茎の各節から1枚ずつでていること。
2.花において、がくと花弁、花弁と雄しべが重なりあわないように交互に間にくるように位置していること。
根生葉(こんせいよう) 根出葉(こんしつよう)ともいう。タンポポ、オオバコのような根もとから出ている葉のこと。
高木(こうぼく) 丈の高くなる木のこと。高さに厳密な基準はないが、およそ3m以上になり、明瞭な主幹が立つもの。高さ6~7m以下のものを亜高木と呼ぶこともある。
朔果(さくか) 熟すと果皮が裂開する果実。 さくともいう。2枚以上の心皮が合成した果実で、成熟すると乾き、各室ごとに縦列して種子を散らす果実。
散形(さんけい) 主軸の頂部からほぼ長さの等しい柄をつけた果実、花などを放射状につけた形。
子房(しぼう) 雌しべの下部のふくらんだ部分。1~数個の心皮(しんぴ)が結合したもので、1~数個の部屋からなる。この部屋を子房室といい、1~多数の胚珠(はいしゅ)を入れている。
雌雄異株(しゆういしゅ) 雄花と雌花など、雄性と雌性の生殖器官が別々の個体に生ずること。
集散花序(しゅうさんかじょ) 花序の上位の花から開きはじめ、しだいに側枝の花が開くもの。最初の軸の頂端は花で終わり、つぎにその横からでた枝の先もまた花で終わり、これを繰り返す花序。
宿存(しゅくぞん)  葉などの器官がすぐに脱落せずに残っていること。例えば、がくは果実期には脱落するものが多いが、カキ・ナス・ホオズキなどのがくは花後も落ちないで残存する。このような現象をいう。 
掌状複葉(しょうじょうふくよう) 葉柄の先端から数個の小葉が放射状にでている複葉のこと。小葉の数により3出掌状複葉、5出掌状複葉、多出掌状複葉という。
小穂(しょうすい) イネ科の花序を形成する単位。2枚の包頴(ほうえい)に包まれた1~数個の小花からなる。イネやカゼクサでは多数の小穂が集まって円錐形の複合化序をつくる。
唇形花(しんけいか) 合弁花冠の一種で、花冠の先が上下に分かれた形をしている。シソ科などに見られる。
心皮(しんぴ) 花の各要素は葉の変形と考えられ、雌しべを構成する葉を心皮という。
穂状花序(すいじょうかじょ) 細長い花軸に花柄のない花が多数つき、下部の花から順に上へ開いていく花序。花に柄のない点が総状花序との違い。
スプリング・エフェメラル (Spring ephemeral) 春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花のこと。春先に花を咲かせ、夏までの間に光合成を行って地下の栄養貯蔵器官や種子に栄養素を蓄え、その後は春まで地中の地下茎や球根の姿で過ごす、という生活史を持つ植物が、落葉樹林の林床にはいくつもあり、そのためそのような森林の林床は、春先にとてもにぎやかになる。このような一群の植物を春植物、スプリング・エフェメラルという。
星状毛(せいじょうもう) 一箇所から多方向に分岐して放射状になる毛。
舌状花(ぜつじょうか) 合弁花の一種。舌状花冠をもった花をいう。
舌状花冠(ぜつじょうかかん) 花弁が合着し、一方に伸びて舌状になった花冠。キク科に特有のもの。
腺体(せんたい) 外分泌腺の腺細胞が集まっている部分。
腺毛(せんもう) 分泌物を出す作用のある毛のこと。花の蜜腺の毛や食虫植物の消化液を出す毛など。
そう果(そうか) 熟すと果皮が乾燥するが、裂開しない果実。例:キツネノボタン、センニンソウ、イラクサ、タンポポ。
走出枝(そうしゅつし) 地表や浅い地中を水平にのびて、栄養繁殖する茎のことで、ストロン、匍匐枝(ほふくし)、ランナーともいう。
総状(そうじょう) 主軸に対し有柄の果実、花などを下部から順次つけた状態。
総状花序(そうじょうかじょ) 細長い花軸に花柄のある花が多数つく花序。個々の花に柄のあることが穂状花序とちがう。
装飾花(そうしょくか) 大形で美しく、昆虫への目印になる花をいう。ガクアジサイ、ヤブデマリなどの花序の周囲にある大形の花。中性花である。
総苞(そうほう) 花序を包む、多数の鱗片状の葉のこと。個々の鱗片を総苞片と呼ぶ。
早落(そうらく)  宿存の対語。ケシのがくやブドウの花弁は開花と同時に脱落し、サクラやクワの托葉は若葉のうちに落ちる。このような現象をいう。 
束生(そくせい) 叢生(そうせい)ともいう。ススキ、ハギ、パマブキなどのように株立ちになることをさす。枝や茎の節間が非常にみじかくなり、茎の一部から数枚~多数の葉が束のようにでているように見えることから。
対生(たいせい) 1.葉が茎の各節から2枚ずつ互いに向き合っていること。
2.花において、花弁と雄しべが重なった位置にあること。例:オカトラノオは花冠の裂片と雄しべが対生している。
多年草(たねんそう) 2年以上生き続ける草のこと。冬に地上部は枯れるが、地下部は生存して春になると芽を出して生育し、これを2年以上繰り返す。園芸植物では宿根草とよばれることが多い。
中性花(ちゅうせいか) 一花中の雄しべと雌しべがともに退化して結実しなくなった花をいう。
柱頭(ちゅうとう) めしべの先端をいう。受粉の際、花粉のつくところ。粘液を分泌したり、羽状に分裂したりして花粉をうけやすくなっている。
低木(ていぼく) もと潅木(かんぼく)といった。高木に対する語。たけの低い木。高さが1m以下のものを小低木とよぶことがある。
点頭(てんとう) 花・果実などが斜め下または下を向いていること。うなだれていること。
頭花(とうか)、あるいは頭状花、頭状花序 キク科の花など、1個の花のように見える花序で、頭状花、頭状花序ともいう。花序の軸先に花柄のない小さな花が多数つき、その周囲を総苞が囲んでいる。
筒状花(とうじょうか) あるいは管状花(かんじょうか) 管状花ともいう。花が合着して筒状になったもの。ふつうキク科の頭状花序にあるものをいう。アザミの類やタムラソウでは花序全体が筒状花の集まりである。
2回羽状複葉(にかいうじょうふくよう) 再羽状複葉ともいう。羽状複葉の葉軸が羽状に分枝し、その両側に小葉をつけている葉。2回羽状複葉の葉軸がさらにもう一回分かれたものを3回羽状複葉という。
肉芽(にくが) 胚芽(はいが)ともいう。腋芽に多量の養分を蓄えて肥大し、肉質塊状になった芽。葉は退化している。母体から離れて地に落ち、発芽して新個体をつくる。
肉穂花序(にくすいかじょ) 花軸が太い肉質となり、その周囲に花柄のない小さな花が多数密生している花序。テンナンショウ、ミズバショウなど。
2年草(にねんそう) 発芽して生長し、開花・結実したのちに枯れ死するまでの一生を1年以上2年以内で終える植物。
胚珠(はいしゅ) 子房の中にある小さな粒状のふくらみ。受精後は生長して種子となるもの。
被針形(ひしんけい) 皮針形とも書く。葉や花弁などの形を表す用語。細長くて両端がとがり、中央より下部に一番幅の広いところがある形。
左巻き・右巻き(ひだりまき・みぎまき) 植物のつるの巻き方の向きを表現する仕方は世界的にも統一されていない。以前は支柱を真上から見て、反時計回りにつるが巻くことを左巻きと呼んだが、近年は根元から見て反時計回りを左巻きとすることが多い。
副花冠(ふくかかん) 花冠内に生じた花冠状の突起のこと。スイセンの花はわかりやすい例のひとつ。
仏炎苞(ぶつえんほう) マムシグサ、ミズバショウなどの、肉穂花序を包むラッパ状の総苞をいう。
苞(ほう) / 苞葉(ほうよう) 花序の部分にある葉の変形したもの。
匍匐枝(ほふくし) 走出枝・伏枝ともいう。地上部の基部から出て地上を横走する細い茎。
むかご 肉芽(にくが)の通俗的なよび名。
やく(葯) 花粉袋ともいう。おしべの先端にある袋で、花粉をつくり、これを入れている。
葉腋(ようえき) 葉の付け根の内側。
葉鞘(ようしょう) 葉の基部が茎を包むように鞘(さや)状になったもの。
離弁花(りべんか) それぞれの花弁が分離し独立した花冠。合弁花の対語。
両性花(りょうせいか) 一花中に雄しべと雌しべの両性をそなえた花をいう。
輪生(りんせい) 葉が茎の各節から3枚以上でていること。
inserted by FC2 system