ミズアオイ(水葵)  Monochoria korsakowii/ミズアオイ科/一年草
 2007年9月23日、新潟県。
 最初ホテイアオイかと思ったが、花の色が青いのと、特徴の膨らんだ葉柄が無く、別物だと納得。さわやかな花色だ。

 水湿地に生え、葉の形がカンアオイの葉に似ることからの名前。古名はナギ。茎や葉は古くは食用にした。
 北海道〜九州の田、沼、湿地などに生える。
 高さは20〜40cm。根生葉は長さ幅ともに5〜10cmの心形で、長い柄がつく。葉質は厚く光沢がある。
 茎先に円錐花序を出し、径2.5〜3cmの青紫色花を多数つける。花被片は6個。花期9〜10月
 近似種のコナギは花序につく花も少なく、花の大きさも径1.5〜2cmと小さく、花の高さも葉の上にはこない。他に葉柄がふくらむホテイアオイ
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system