シロネ(白根)  Lycopus lucidus/シソ科/多年草
 2007年9月23日、新潟市の福島潟にて。
 JR白新線豊栄(とよさか)の駅から片道1時間弱のハイキングで訪れた。

 白い根(地下茎)が太くめだつことからついた名前とのことだが、掘って確かめるわけにもいかない。
 東アジアの温帯から暖帯に分布。北海道から九州まで各地の池や沼の水辺にはえる。
 茎は太さ3〜7mm、四角く高さ1m。葉は長さ6〜13cm。
 花は7月から10月に葉えきや茎上に群がってつく。がくの裂片は鋭くとがり、花冠は長さ約5mm。唇形花(しんけいか)
 よく似たヒメシロネは、葉の幅が5〜15mmと狭い。他に高さ20〜40cmのコシロネ、一番小さな長さ約2mmの花をそっと咲かすエゾシロネ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system