アカネ(茜)  Rubia akane/アカネ科/蔓性多年草
 2007年10月14日、和田町へおりる谷あいの斜面
 ちいさな花で見逃しそうな花だが、きれいな4枚の葉の輪生、それに茎を触ると粘るような感触があるのが特徴。

 根が赤黄色をしていることからの名前。根は薬用や染料に使われる。この根で布などを赤く染めることを、茜染めという。
 分布生育地:本州、四国、九州。山野の道ばた、丘陵地の藪かげなど。
 茎の長さ:1〜2m。四角形の茎にとげがまばらにある。この茎で周りの草にからみつき長く伸びていく。葉の葉身はハート型で長さ3〜7cm。長さ1〜3cmの葉柄があり、4枚が輪生する。2枚は托葉とのこと。
 花期:8〜10月。花径:3〜4mm。淡緑色、花冠は5深裂。
 近似種:大きいオオアカネ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system