タチアオイ  Althaea rosea Althaea(アルテア)は、ギリシャ語の「althaino(治療)」が語源。薬効があることから。roseaは”バラのような”の意。/アオイ科/多年草(一部の園芸品種は一年草)
 2002年6月17日、仏向矢シ塚公園。
 すっと伸びた茎に直径10cmほどの鮮やかな色の花を多数つける。

 原産地は小アジア。日本には室町時代に中国から渡来し、根は薬用として用いられていた。
 互生する葉は長柄があり、円形で浅く5〜7裂する。
 花は初夏、下からだんだん上の方へと咲く。八重咲きのものもある。白、淡い黄色、赤、ピンク、ぼかしなど花色も豊富。
 本来は多年草で草丈は2mほどになるが、1mほどの矮性種まで多くの園芸品種があり、近縁の別属種にラバテラなどがある。

 花言葉・・・大望、野心
 タチアオイという和名は、その立ち上がるように伸びる茎に由来する。「葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい。 ただし、京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」 という名の草とのこと。 別名 ホリホック、蜀葵(中国名=しょっき)。英名 Hollyhock: ”ホリーホック聖地”から きており、12世紀頃の十字軍が シリアからこの花を持ち帰ったことから。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system