キュウリ(胡瓜)  Cucumis sativus L./ウリ科/一年生つる植物
 2002年6月17日、仏向町高台の畑。


 和名黄瓜(きうり)は実が熟したときの色にちなむ。
 北西インドの原産。
 野菜として広く畑に栽培される。
 茎は巻きひげで他物にからみ、長く伸びる。全体に粗毛があり、稜がある。葉は長さ8〜15cm。
 4月下旬〜5月に苗を植えると、夏に花径2.5〜4cmの黄色い雄花と雌花をつけ、雌花は結実して細長い実になる。
 世界的に主要な果菜として、多数の品種が知られる。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system