リョウブ  Clethra barbinervis Sieb. et Zucc./リョウブ科/落葉小高木
 2005年6月29日、保土ヶ谷公園東屋近くの林
 ツボミの状態から咲き始まるまで時間がかかり、かなり長く待たされた。

 漢名「令法」から。その名は葉の採取と貯蔵を命じた法令に由来するのではないか、と言われている。古名ハタツモリは幾千の白旗が積もるように白い花が群れ咲く姿をいう。
 北海道西南部以南の山野に生える。庭や公園などに植えられている。山林に生え、ときに群落をつくる。
 高さ3〜7m。枝は輪生状、幹は茶褐色。樹皮は薄片となってはがれ落ち、あとは茶褐色でなめらか。葉は有柄で互生、倒皮針形、きょ歯がある。先が尖る。
 7〜9月、枝の先に長さ6〜15cmの総状花序を出し、小さい白色の花を密につける。がくは5裂、花冠は径0.5〜0.6cm、深く5裂。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system