チョウセンアザミ(アーティチョーク)  Cynara scolymus L. Cynara: ギリシャ語のKyon(犬の意)。総苞のとげが犬の歯に似ているからといわれる。
scolymus アーティチョークの古い属名。転じて「刺の」意。/キク科/越年草
 2005年6月29日、保土ヶ谷駅近く
 アメリカNY州に滞在していた1980年、同僚のイタリア人家族とイタリア・レストランで食事をしたとき、勧められて初めて食べたのがアーティチョクという料理。オリーブ油に浸されたそれを、歯でしごいて食べた柔らかな食感が忘れられない。それがアザミの花だとそのとき知らされた。

 朝鮮半島の原産ではない。多少異国風な印象を表現した名。若い頭花の花托と総包の多肉部を食用、また観賞用に栽培される。英名 artichoke, globe artichoke
 地中海沿岸地方原産。ギリシア・ローマ時代から栽培され、食用にされた。江戸中期に渡来したが、食用としての栽培は定着しなかった。
 茎は高さ1.5〜2m。葉裏は白い綿毛を密生、やや硬く多少とげがある。
 花は6〜9月、明るい青紫色の頭花は径15cmくらい、みな5裂の管状花

 花言葉・・・傷つく心
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system