マルバハギ(丸葉萩)  Lespedeza cyrtobotrya Miq. Lespedeza: ハギ属。V. M. deCespedes への献名であるが、ミスプリントのため Lespedeza となった。
cyrtobotrya: 曲がった総の。/マメ科/半低木
 2002年9月4日、保土ヶ谷公園

 本州から九州、および朝鮮半島、中国の暖帯に分布し、日当たりのよい山野にはえる。
 高さ2m位、多数分枝し枝はのびて開出し、垂れ下ることがある。小葉は長さ2〜4cm。表面は無毛、裏面には圧毛がある。茎上葉は長柄がある。
花は晩夏から秋、葉えきに葉より短い花序をつける。がく片は鋭尖頭。
 よく似たヤマハギは花序が葉より長いので葉の上で咲く。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system