カワラナデシコ(河原撫子)  Dianthus superbus var. longicalycinus/ナデシコ科/多年草
 2009年6月20日、ひたち海浜公園
 砂浜の過酷な場所だから、なお淡紅色が映えるのだろう。

 日当たりのよい草地や河原などに生える秋の七草の一つだが、実際に花が咲くのは6〜10月。名は、河原に多く見られるナデシコの意味。撫子(なでしこ)とは可憐な花を、()でたいほどかわいい子供にたとえたもの。別名 ナデシコ(撫子)。
 本州、四国、九州。河原や土手、山野の日当たりのよい場所など。
 茎の高さは30〜70cmになり、線形の葉は対生。
 花は茎の先にふつう2個ずつつき、淡紅色。花径3〜4cm。まれに白花もある。5枚の花弁は先端が深く裂けて糸のように細くなり、優しい感じ。
 同属の類似種に、花径約1.5cmで浅い切れ込みの花弁のハマナデシコ、花が小さく花弁に白い斑点がある帰化植物のノハラナデシコ、他にシナノナデシコ(別名ミヤマナデシコ)、花径約4cmのエゾカワラナデシコなどがある。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system