エノテラ・ミズーリエンシス  Oenothera missouriensis/アカバナ科/多年草
 2009年6月1日、保土ヶ谷公園
 草丈のわりに花は大輪で目立つ。早朝の散歩で気づいた。花名がわからずWeb掲示板で教えていただいたエノテラ・アフリカンサンをきっかけに調べて判った名前。

 マツヨイグサ属の一種で、別名ナガエマツヨイグサ、ミズーリマツヨイグサ、ミズーリ・イブニング・プリムローズ。英名 Missouri evening primrose; prairie evening primrose。英文の説明によるとこの花は one of the most characteristic of Missouri Ozark species とあるが、Missouri Ozark species は不明。
 北アメリカ原産、1972年に渡来とのこと。
 岩だらけの林内の空地、禿山、石灰岩地、荒地など。
 大きな主根から伸びる赤色を帯びた茎を地面に這うようにのばす。
 花期5〜8月。花柄の高さ15cm。花の径12cm。花は夕方から開き、翌朝までの一夜咲き。翌朝が曇りであれば開いたままだが、その夕方にはしぼんで(しお)れる。萎れた花は赤色。
 同じく大形のエノテラ・アフリカンサンは昼咲白花大輪月見草と呼ばれ、昼間咲く白色の花とのこと。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system