アカメモチ  Photinia glabra/バラ科/常緑小高木/別名 カナメモチ、ソバノキ
 2004年4月28日、保土ヶ谷公園プレーグラウンド。
 生垣で若葉が赤くきれいなのですぐ目に付くが、木全体の数に比べて花を出す木はそれほど多くない。

 和名は新葉が赤いモチノキという意。別名カナメモチはその転訛。また扇の要に利用されたことからの名との説も。白い花が多数あるのをソバになぞらえてソバノキとも言う。
 東海地方以西、四国、九州の暖地に生え、生垣として栽植される。
 高さ5mになる。葉は革質で光沢あり。新葉は紅色を帯び、落葉前にまた紅葉する。縁に細かい鋸歯がある。
 花期5〜6月。花は5弁花で、一年目の枝先に多数集まって咲く。
 果実は秋から冬に赤く熟す。
 近年オオカナメモチとカナメモチの雑種から交配育成された種で、西洋紅カナメモチと呼ばれることもある、フレイゼリの園芸種のレッドロビンが主流となっている。葉はカナメモチよりやや大きく、新葉の赤色も強い。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system