タイトゴメ(大唐米)  Sedum oryzifolium/ベンケイソウ科/多年草
 2002年7月6日、明神台高台から星川2丁目へ下りる途中の石垣
 葉が球形に近く、みずみずしい。

 多肉質の葉が大唐米(だいとうごめ;赤米とも呼ばれる下等米)に似ているからの名前。大唐米で高知県柏島の方言といわれる。
 本州(関東地方以西)、四国、九州。海岸付近の岩場、道端など。
 葉は円柱状倒卵形〜倒卵状楕円形の多肉質で、密に互生する。
 花期5〜7月。花の高さ5〜10cm。茎は地上を這う。花径約1cm。
 近似種:葉の長いメノマンネングサ、葉が丸いマルバマンネングサ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system