シャリンバイ(車輪梅)  Rhaphiolepis umbellata/バラ科/常緑小低木/別名 ハマモッコク(浜木こく)
 (左)2004年5月9日、保土ヶ谷公園、(右)2002年12月11日、緑化公園。
 庭木や花材とされるが、樹皮は大島紬の染料である。和名は母種のタチシャリンバイより葉が広く、広楕円形でほとんど全縁。
 原産・・中国南部
 生態・・暖地の海岸に自生。
 高さ1m前後。モッコクに似た丸みのある葉が互生し、枝の先端に集まってつく。長さ4〜8cmの楕円形で、表面に光沢があって質厚、多少後ろに反る。
 花期は5月頃。白色の5弁花で、直径1〜1.5cm。枝先に集まって円錐花序を作る。
 果実・・球形で、熟すと黒紫色になる。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system