オニヤブマオ  Boehmria holosericea Blume/イラクサ科/多年草
 2001年8月25日、和田町せせらぎの道の小川沿いで。

 分布・・本州・四国・九州および中国、インドシナの温帯から暖帯。生育地・・海岸近くの原野や低山の渓流のふち。
 形態・・茎は束生し高さ1.5m以上、下部は木質化。皮の繊維は弱い。葉は対生、長さ10〜15cm。
 花姿・・夏から秋、雄花穂は球状、同株で雌花穂は穂状になって上方につく。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system