ムラサキツユクサ  Tradescantia reflexa Ref./ツユクサ科/多年草
 2001年8月25日、仏向町アメニティで。

 細長い花糸には、紫色で数珠球状の数多い細胞からなる毛が1列にはえている。この毛は細胞学の研究でそのまま細胞分裂や細胞質の流動などの生体観察の材料として、よく利用される。
 原産地・・北アメリカ。明治時代初め渡来。
 高さ・・50〜90cm。 葉姿・・長さ約30cm、広線形で湾曲する。
 花期5〜10月。花径約2cm。花色は紫系のほか白、桃もある。雄しべ6本。
 近似種:葉の幅が2.5cmと大きいオオムラサキツユクサ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system