アカメガシワ  Mallotus japonicus Muell. Arg/トウダイグサ科/落葉高木/別名 ゴサイバ(御菜葉)
 2004年6月17日、保土ヶ谷公園

 赤芽槲で芽が赤いことによる名前。別名はカシワのように食べ物を盛ったり包んだりしたことから。樹皮に消炎、鎮痛の薬効あり。
 本州〜九州各地の雑木林の陽地に生える。
 高さ8〜12m。若枝や若葉は赤色を帯びる。葉の先が浅く3裂する。

 花は夏。雌雄異株。写真は雄花。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system