ヤツデ(八手)  Fatsia japonica Fatsia はヤツデ属を意味するが、日本語の「八(はち)」または「八手(はっしゅ)」の読みに由来する。japonicaは”日本の”の意。/ウコギ科/常緑低木/別名 テングノハウチワ(天狗羽団扇)


 (左)2000年11月12日、マンション内。(右上)2002年10月27日、保土ヶ谷公園。(右下)2005年4月16日、保土ヶ谷公園。

 関東地方南部以西、四国、九州や沖縄。庭にもよく植えられる。
 深く5〜9裂した葉径は20〜40cmと大きくつややかで、冬場には貴重な緑として庭に好んで植えられている。葉柄も15〜45cmと長い。樹高は2〜3mになる。
 花期は10〜12月。大きな葉が集まってつく枝先に、大形の円錐花序をなし、多数の直径5mmほどの白色5弁花が球形に集まって咲く。
 果実は直径8mmの球形で、冬から春に黒く熟する。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system