ヤマホトトギス  Tricyrtis macropoda Tricyrtis: ホトトギス属。treis (gr. 3) + cyrtos (gr. 曲がり)。三枚の外花被の基部が袋状に曲がっているため。
macropoda: 長い柄の、太い胚軸の (macropod)。/ユリ科/多年草
 2003年9月6日、保土ヶ谷公園内の林のへり。
 花被が反り返っているのが特徴。つぼみの形、特に下部が面白い。

 分布・生育地:北海道、本州、四国、九州。山野の林のへり、丘陵地の草地など。
 草丈:40〜70cm。
 花期:7〜9月。花径:約3cm。花被は反り返る。花被に入る紫色の斑点には変異がある。
 近似種:花被が平開するヤマジノホトトギスなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system