ヤグルマソウ(矢車草)  Rodgersia podophylla/ユキノシタ科/多年草
 2010年6月13日、十和田西湖畔
 林の中、大きな葉がたくさん、あたり一面に広がって出迎えてくれた。

 葉の形が鯉のぼりの竿の先につける矢車に似ていることからの名前。ヤグルマギク(Centaurea cyanus)のことをヤグルマソウとも呼ばれるが、こちらはキク科。
 北海道西南部から本州中部以北の深い山の林の中などのやや湿った場所にはえる
 高さ1m内外。葉は大きく直径80cmにもなり、小葉は5枚。小葉先端は3~5裂、縁には不整の鋸歯、全体に細かい毛。
 6~7月頃、直立した花茎上部に多数の小花からなる円錐状の花穂をつける。花弁は無い。初めは緑白色で、しだいに白色に変わる。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system