ヤブタバコ(藪煙草)   Carpesium abrotanoides/キク科/1年草〜越年草
 2004年9月11日、保土ヶ谷公園林内

 名前の由来:ヤブに好んで生え、タバコに似た葉をつけることから。
 分布:北海道〜沖縄。人家近くのヤブや林などに生える。
 茎は太く高さ50〜100cm。放射状に枝を出す。根生葉と下部の葉は、しわと鋸歯のある広楕円形〜長楕円形で、上部の葉は長楕円形。
 葉の脇から径約1cmの黄色い頭花を下向きにつける。頭花に柄は無し。花期:9〜11月
 果実は円柱形のそうか。
 よく似たコヤブタバコは、名とは反対に頭花は径1.5〜2cmと本種よりも大きい。ガンクビソウは頭花に柄を持つ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system