ヤブジラミ(藪虱)  Torilis antriscus (japonica)/セリ科/二年草
 2002年6月17日、旧カーリット敷地。
 

 薮に生え、果実には刺が密生して衣服によくつくのでシラミに例えたのが和名の由来。
 日本各地の林縁、路傍、荒地、空き地にふつうに見られる。
 高さ 30〜70cm。
 花期 6〜7月。枝分かれした茎の先に複散形花序を出し、小さな白花を多数つける。花弁は5個。
 大形で、春に咲き、茎や葉それに実が紫色を帯びているオヤブジラミ
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system