ワレモコウ(吾木香、吾亦紅)  Sanguisorba officinalis/バラ科/多年草
 (左)2003年8月31日、保土ヶ谷公園、(右)2004年9月1日、同所。
 地味な花で、花が咲いていても咲いているようには見えない。

 香がないのに「吾木香」と書くのは意味不明。「吾亦紅」説は赤いのに目立たない小花が「ワレモコウ(紅)なり」と唱えていると見立てた名前。
 分布・生育地:日本全土。山や野原、丘陵地など。
 草丈:50〜100cm。
 花期:7〜10月。花径:3〜4mm(蕚片)。多数の蕚片がだんご状につく。上から下へと咲いていく。
 雄しべが長くなって美しいカライトソウとは同じ仲間。

 花言葉・・・変化
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system