ウキツリボク  Abutilon megapotamicum (Spreng.) Abutilon: イチビ属。この植物のアラビア名 awbutilon (”家畜の下痢止めに効ある”と云う意味) に由来。
megapotamicum: ブラジルのリオグランデ河の。/アオイ科/常緑小低木
2002年9月8日、岡野中学校

 和名浮釣木は、花が空中に浮かんで吊り下がっていることに由来する。
 ブラジル原産。
 観賞用に温室で栽培される。葉に斑入りや高さ20cmの鉢物用もある。
 高さ1.5m位になる。枝は細くやせている。葉は柄があり托葉葉を持ち、互生する。
 花は5〜7月、葉えきから長い柄で下垂して長さ5〜8cm、がくは肥大した5稜形で赤色、花弁5はレモン黄色、単体雄しべと花柱は突き出る。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system