トリカブト(鳥兜)  Aconitum spp. Aconitum: アコニタム属。ギリシア語の akonais (岩上に)、または akos (投楯)に由来するとも。/キンポウゲ科/多年草
 2005年10月12日、山梨と静岡県の県境にある籠坂峠に至る山梨県山中湖村の山林の道ばた
 有毒植物で名高いが、花を見るのは初めて。半日陰の林内に咲く青紫の色は印象的だ。種類が豊富で、同定が難しい。写真は葉が5深裂し、茎も湾曲していることもありヤマトリカブト(A. japonicum ssp. japonicum)か。

 花の形が舞楽に用いる冠(鳥兜)に似る。根や葉は猛毒のアルカロイドを含むが、薬草でもある。種類は豊富。英名 aconite monkshood、修道士の頭巾とは言い得ている。
 野生種の多くは山地の林や草原などに生える。
 草丈が30〜180cm、葉は互生し、掌状に3裂する。
 花期は8〜10月。花はふつう青紫色で、茎先に総状または散房状の花序を作って咲く。
 オクトリカブトは日本の代表種とされ、根を薬用にする。中部地方以北に分布し、茎が直立するか湾曲し、葉はやや深く裂ける。その変種で葉が3〜5深裂するものに、茎が湾曲するヤマトリカブト、茎が直立するハコネトリカブトなどがある。栽培種で、中国原産のトリカブト(別名・附子=ぶし、烏頭=うず)は根が漢方薬。
 花言葉・・・人嫌い
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system