トケイソウ(時計草)  Passiflore spp./トケイソウ科/つる植物/別名 パッションフラワー(受難の花)
 (左)2004年6月12日、星川2丁目、(右)2001年6月10日、峰岡。
 雨上がりの朝日を浴び輝いているところを撮影できたが、ユニークな花の形。日本では時計の針や文字盤に見立てて名としているが、欧米では十字架に架かるキリストを連想してパッションフラワーと呼ぶそうである。

 アメリカではじめてこの花を見た宣教師たちが、彼らの言い伝えにあったキリストの受難(passion)を象徴する花であるとして名づけたという。
 原産地:熱帯アメリカ
 つるの長さ6m内外。
 花期5〜9月。花色赤、紫、白のものなど多数。花径約10cm。
 クダモノトケイなど実を食用にするものはパッションフルーツと呼ぶ。

 花言葉・・・宗教、信仰する
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system