タニウツギ  Weigela hortensis C.A.Mey/スイカズラ科/落葉低木
 2003年5月4日、睦台高台。
 葉の緑色と花の赤紅色の取り合わせが鮮やか。

 普通谷間に多いから言う。
 北海道、本州の主に日本海斜面の山地に生え、庭園に栽植される。
 高さ2〜3m、根元からよく分枝する。若枝は紫褐色をおび、古くなると樹肌は灰色で縦に裂ける。葉は互生、長さ6〜10cm。
 花は5〜6月、枝先に2〜3個ずつ集まって咲く。花冠は淡紅色か紅色、筒部は上方が次第にふくらみ先で5裂。
 ウツギと名のつく植物は多いが、すべてが同じ仲間ではなく、ウツギ属、コゴメウツギ属、タニウツギ属などに分けられる。タニウツギはハコネウツギやニシキウツギ、ヤブウツギなどとともにタニウツギ属に分類されている。花の美しいグループでもある。

 花言葉・・・豊麗。(NHKラジオから)
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system