スイカズラ  Lonicera japonica/スイカズラ科/つる性常緑樹/別名 ニンドウ(忍冬)、金銀花
 2004年5月15日、保土ヶ谷公園入り口近く。
 花の奥に甘い蜜があり、こどもが花をぬいて吸うのでこの名がついたとのこと。

 漢名の忍冬は冬の常緑に注目しての名。そのつるのからみと花は唐草模様としてデザイン化された。
 分布・・日本全土
 茎は右巻きにからみつく。葉は長さ3〜7cm、幅1〜3cmの長楕円形で対生する。
 花期5〜6月。花冠は長さ3〜4cmの筒状で、良い香りがする。葉脈に2個つき、咲き初めは純白色であるが、受粉を終えると黄色になるが花は散らず咲き続ける。花色の変化は虫を呼び寄せるための戦略だ。受粉を終えた花を散らさないことで全体の花の量を増やし、遠くから見えるようにするのと、虫たちが新鮮な花を見分けられるように色を変えるようだ。
 花言葉・・・献身的な愛
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system