ソクズ  Sambucus chinensis/スイカズラ科/多年草
 2009年9月13日、鎌倉


 中国名蒴藋(さくだく)の字音が転訛(てんか)したもの。葉と根を乾かして神経痛やリウマチの薬、浴湯料(よくとうりょう)にする。別名クサニワトコは、落葉樹のニワトコに似ている草の意。
 分布・生育地:本州、四国、九州、沖縄。山野の草地や湿地など。人家周辺にも。
 草丈1~1.5m
 花期:6~8月。花の径約4mm。杯状の黄色い密腺体(みつせんたい)がめだつ。花自体には蜜がない。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system