シンジュ(神樹)  Ailanthus altissima/ニガキ科/落葉高木
 2009年5月31日、保土ヶ谷公園(雄花)
 もともと「ウルシ」にはかぶれるので、樹に架かっている名札を見てギョッとしたが、この樹は大丈夫のようだ。それゆえ公園や街路樹に植栽されるのだろう。

 和名は西洋の俗名、天にも届くような大木を意味する Tree of Heaven の直訳。別名庭漆(にわうるし)(ニワウルシ)はウルシに似た葉で庭園で見られるのでいうとのこと。樹皮にはアレロパシー allelopathic substance という植物の成長を抑制する物質が含まれ、樹の下では他の植物は育たなく、また樹皮は殺虫剤に使用される。
 中国北中部原産。明治初めに渡来したとのこと。
 庭木や並木として栽植される。
 生長が早く高さ10〜25m。大きな奇数羽状複葉が互生。小葉は長卵形で6〜16対、長さ6〜10cm、先端が細く尖り葉柄がある。
 花は6月頃、円錐花序を出し、緑白色の小さな花を咲かす。雌雄異株。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system