シモツケ(下野)  Spirae japonica/バラ科/落葉低木/別名 キシモツケ(木下野)
 2002年5月26日、明神台団地
 細い糸のような雄しべが著しく長く伸びて全体を柔らかくしている。

 中国名「繍線(しゅくせん)菊」は戦国時代の中国で敵に捕らわれ牢獄につながれた父を救い出そうとしたが生きてあうことがかなわずその墓前に咲く花を持ち帰り花を咲かせた孝心厚い娘の名に因んだもの。
 本州から九州の日当たりのよい山野に生え、庭木や鉢植えにもされる。
 高さ約1mになり、葉は裏面が白っぽく、広卵形で長さ2〜8cm。
 直径4〜6mmの花は雄しべが花弁よりも長く、枝先に多数が集まって散房花序をつくる。花の色は濃紅色から白色まで濃淡があり、株によって違う。

 花言葉・・・無駄なこと
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system