シラー・ペルビアナ  Scilla peruviana/ユリ科/多年草
 2007年4月27日
 大形で特徴のある花を咲かせている。ツルボの大形版といったところから和名がついたか。

 17世紀にスペインの南部で発見され、イギリスに持ち帰った船の名前(The Peru)に因んで名づけられたとのこと。別名スキラ、スキラー、スキルラ、オウツルボ、リューゴンシス、和名オオツルボ(大蔓穂)、英名 Cuban lily、 Peruvian lily。Scilla は、ギリシャ語の 「skyllo(有害)」が語源。 地下茎部分が有毒であることから。
 原産地地中海沿岸
 花壇
 地下茎部分は有毒。草丈は20cmほど。
 開花時期4月〜5月、花茎の先に星状の花序をつけ、青紫色の小さな花をいっぱいに咲かせる。
 ヒアシンスと近縁種であるシラーの仲間は、小型種のシベリカやビフォリア、チュベルゲニアナ、中型のカンパニュラータ(ヒスパニカ)、やや大型のペルビアナなど、多くの種類があるが、いずれも植えっ放しが可能で、手がかからない。花色は淡青、青紫、白、桃がある。

 花言葉・・・恋の呼びかけ、さびしさ、多感な心
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system