サルビア  Salvia spp. Salvia: アキギリ属。salvare (治癒する) に由来するセージ (sage) のラテン古名 salvia から。 /シソ科/1年、2年、多年草
 2001年9月24日、緑化公園にて。

 世界中に750種以上。多くが花壇用や切花、香辛料、薬用に栽培されている。普通サルビアといえば和名をヒゴロモソウ(緋衣草)というサルビア・スプレンデンスをさす。
 原産地・・ブラジル。日本では一年草だが、原産地ブラジルをはじめ、凍らない暖地では多年草で低木状に茂る。
 草丈は25〜100cm。
 花期・・5〜11月。近年は春から出回るが、低温な秋にはより色鮮やか。がくも花弁も緋色に燃え、秋天に映える。
 園芸品種の花の白、ピンク、暗赤紫色に加え、同属にはブルーサルビアやキバナアキギリ、紫色のセージも。

 花言葉・・・燃える思い(Passionate love)
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system