サボンソウ  Saponaria officinalis L./ナデシコ科/多年草
 2002年6月23日、こども植物園

 サポニンを多く含む特質に基づく名。根に痰きり、咳止めの薬効あり。油脂から石鹸が作られるまでこの根を利用していた。水でもめば泡立つ。
 欧州原産。明治初期に渡来。
 薬用、花壇、切花用に栽培される。
 茎は直立か斜上、高さ30〜90cm。葉の3主脈が目立つ。
 花は6〜8月、径2.5cmぐらい、集散花序。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system