オモダカ(面高)  Sagittaria trifolia/オモダカ科/多年草
 2007年9月23日、新潟市福島潟(背景はオニバス)。


 葉の形が人の顔(面)に見え、高くのびた葉柄の先について目立つことから、オモダカ(面高)になったという説もある。
 日本全土。池や湿地、休耕田など。
 草丈:20〜70cm。
 花期:7〜10月。総状花序の上部に雄花、下部に雌花の白色の3弁花を3輪生。花径約2cm。
 近似種には正月に食べるクワイ、葉が細いアギナシなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system