オオイヌホオズキ(大犬酸漿)  Solanum nigrescens/ナス科/一年草または多年草
 2007年11月11日、保土ヶ谷公園入り口近くの斜面
 イヌホオズキには似た種類が多く、同定が難しい。「横浜の植物」(横浜植物会2003)に従った。花冠が基部まで切れ込んでいること、と花数が多い(7〜9)ことからオオイヌホオズキとした。

 南アメリカ原産
 日本各地に帰化していると思われるが実態は不明。イヌホウズキよりもふつうにみられる。
 茎は直立するが、やや柔らかく倒れやすい。茎には稜があり、まばらに小さな刺がつくことが多い。葉は長卵形で全縁または波状の浅い鋸歯がある。
 花期1〜12月。1花序に5〜8花がやや総状につく。花冠は5裂し、基部まで切れ込み、裂片は細い。花冠は直径8〜12mm。葯は長さ2〜3mm。
 イヌホオズキによく似ていて間違いやすい。イヌホオズキは花序の花数が多く、花冠の切れ込みが浅くて裂片の幅が広い。アメリカイヌホオズキは花序の花数が少なく、花が小さい。テリミノイヌホオズキは果実の表面に初期に斑紋が入り、種子が白色で、球状顆粒が0〜2個。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system