ノシラン  Ophiopogon jaburan/ユリ科/多年草
 2002年8月25日、西谷水道博物館

 名前の由来:葉形を熨斗(のし)に見立て、さらにランの葉にも似ることから。
 分布:関東地方以西の本州〜沖縄。海岸近くの林に生える。
 葉は長さ50〜80cmの線形で、厚く光沢がある。
 花期:7〜9月。花茎は高さ30〜50cmになり、偏平で2稜がある。花茎の上部に総状花序を出し、多数の白色または淡紫色の花をつける。
 果実状の種子は藍色。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system