ナガエコミカンソウ(長柄小蜜柑草)  Phyllanthus tenellus/トウダイグサ科/一年草
 2007年10月31日、隅田川テラス
 花柄が長く、果実が葉の上に乗るように見えるのが特徴。

 英名 Mascarene Island leaf-flower, Long-stalked phyllanthus。
 アフリカおよびインド洋のマスカレーヌ諸島が原産。
 1987年に神奈川県鎌倉市と大和市で初めて野外で発見され、その後関東以西各地で続々と定着が確認され、急増。
 茎は直立し、高さ60cm前後、枝分かれして葉を互生し、羽状複葉のように見える。葉の大きさは1cm前後。鋸歯はなく、両面無毛。
 花は夏から秋にかけて、葉腋にごく小さな白い雄花と雌花を咲かせる。花柄が長いのが特徴。
 枝を上から見ると、葉の上に1つの果実が乗っている。2mmほどの実が、5〜7mmぐらいの長さの柄につく。この柄がコミカンソウ(日本産の一年草)より長いのでこの名がある。
 コミカンソウが5〜10cmの茎を立ち上げそこから多くの横枝を出すのに対し、ヒメミカンソウは斜めに茎を出して弓状にしなることが多い。またコミカンソウの葉は横枝だけにつくが、ヒメミカンソウは茎にも葉がつく。コミカンソウは果実の表面に突起。シマヒメミカンソウは琉球地方特有である。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system