ムラサキカタバミ  Oxalis corymbosa/カタバミ科/多年草
 2006年5月28日、明神台団地から星川1丁目へ降りる坂道。

 別名:キキョウカタバミ(桔梗片喰)
 南アメリカ原産の帰化植物で、江戸時代末期に観賞用に持ち込まれた。
 関東以西で野生化。種子はできないが、鱗茎で爆発的にふえる。
 
 花期:春〜夏。花は淡紅紫色。花の中心部は淡黄緑色で葯は白色。
 外来園芸種としてオキザリスがある。
ムラサキカタバミ イモカタバミ
花の色 薄い 濃い
花弁中央部 色が薄い 色が濃い
葯の色
普通の根 芋状の塊茎
似たものが多く、イモカタバミ(芋片喰)は、花の中心部が濃紅紫色で葯は黄色で、根はイモ状の塊茎。ハナカタバミは全体が大型で、葉柄や花茎に微毛が密生する。ベニカタバミは葉の表面に光沢がある。
 花言葉・・・喜び・心の輝き
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system