ムクゲ(木槿)  Hibiscus syriacus syriacusは”シリア(小アジア)の”の意。/アオイ科/落葉低木/別名 ハチス、キハチス(木はちす)
 (上左)2004年6月27日、YBP近く、(上右)2001年7月15日、ハングリータイガーから下りてくる、高速道路側道わきの民家で、(下左)2007年7月8日朝、保土ヶ谷公園、テニスコートわきで、(下右)2003年8月13日、星川の民家で。
 一日花ではない、との指摘をうけ来季の花の時期に確認をすることになった。
 韓国の国花。一日花だが次々と咲くので、漢名の木槿花(もくきんか)が韓国では無窮花(ムグンファ、永久の花)に通じるとして愛される。英名 Rose of Sharon, Syrian Hibiscus, Mallow
 原産 中国
 高さ 3〜4m、葉は互生し、卵形長さ4〜10cm、葉縁に粗い鋸葉がある。
 花期 7〜10月。枝先につく花は直径8〜10cmで、多くが一日でしぼむ。花色は紅紫、白、花の底が紅色のものなどいろいろあり、一重咲きのほか半八重咲き、八重咲きもある。アオイ科の雄しべは雌しべと合着し、短い特殊な構造のため、時に小さい花弁も混じり八重咲きができるとのこと(朝日新聞花おりおりから)。
 ムクゲの仲間はハイビスカスやフヨウモミジアオイなど、約250種が熱帯と亜熱帯を中心に分布。
 花言葉・・・尊敬、柔和
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system