マツムシソウ(松虫草)  Scabiosa japonica Scabiosa: スカビオーサ属。ラテン語の scabies (疥癬、かいせん) に由来し、本属のある種が疥癬に薬効があると信じられたことによる。
japonica: 日本の/マツムシソウ科/越年草

 2005年10月12日、山梨県忍野村花の都公園駐車場
 花の咲く段階が色々見れた。咲き始めは外側の花から開き(左の写真)、中心の花も咲いて真っ盛りとなる。右上写真はその盛りが過ぎたものだが、次に果実の姿も見られた(右下写真)。

 山地の草原に生える。淡い紫色の花が美しく、初秋の高原を代表する花である。昔はスズムシのことをマツムシと呼んでいたが、そのマツムシに関係した名と言われている。また、昔、巡礼にまわる人々が家々をまわってお布施を請うときに、「松虫」という鐘を鳴らしたそうで、その鐘に実の形が似ているところから名がついたとの説もあり。
 茎は高さ60〜90cmになってよく枝分かれする。
 長い柄の先に花が一つつく。直径3〜5cmと茎の細さの割に大きめで、多数の小花からなる頭花。中心が筒状花で、周囲を舌状花がとり巻く。花期は8〜10月。
 高山型のタカネマツムシソウ、海岸型のソナレ(磯馴)マツムシソウなど丈の低いものもある。
 花言葉・・・失恋
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system