マロニエ(セイヨウトチノキ、ウマグリ)  Aesculus hippocastanum/トチノキ科/落葉高木
 2009年5月6日、日比谷公園
 トチノキの仲間は堂々とした大木で、初夏に咲く大形の花序と掌状複葉が目立つ。

 パリなどヨーロッパの都市でマロニエと呼ばれ街路樹とされる。セイヨウトチノキ(西洋栃の木)の名でも知られる。和名馬栗は英語のhorse chestnutの直訳。
 バルカン半島南部原産。明治中期に渡来。
 公園などに植裁。
 高さ20〜25m。葉はトチノキよりやや小さい掌状複葉。小葉の表面にしわがある。。
 花は5〜6月に咲き、大形の円錐花序に多数の白花をつける。花の基部が紅色になる。
 果皮は固く、トチノキにはない大きなとげがある。
 仲間にはトチノキベニバナトチノキなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system