マメグンバイナズナ(豆軍配薺)  Lepidium virginicum/アブラナ科/2年草
 2005年6月4日、保土ヶ谷公園プレーグラウンドわき
 三味線の撥(ばち)に似た実をつけるナズナに対して、こちらは軍配の形、しかも小型で丸い形をしている。草の立ち姿も独特。

 果実の形が軍配扇(ぐんばいおうぎ)に似て、グンバイナズナより小さいことを豆に例えた名前。一名、セイヨウグンバイナズナ。
 原産地:北アメリカ。明治中期に渡来。
 分布・生育地:日本全土に帰化。荒地、川岸、道ばたなど。
 草丈:15〜60cm。上部でよく分枝し独特のシルエットをしている。
 花期:4〜7月。花は穂状になり、びんを洗うブラシのような形をしている。花径:2〜3mmの小花。
 果実は丸い軍配の形。穂にある花の数だけ実ができるので、たくさんの丸い実がつく。
 近似種:1年草で高さ10cm程度、夏に開花するヒメグンパイナズナ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system