マイヅルソウ(舞鶴草)  Maianthemum dilatatum/ユリ科/多年草
 2010年6月13日、十和田西湖畔


 葉にある脈の丸みを帯びた曲線が、鶴が舞う姿に見えることからの名。
 山地の落葉樹林や亜高山帯の針葉樹林に生え、ときには一面に群生する。
 根茎が横に這って分岐し、節や先端から根を下ろし、柄の長いハート形の根出葉を多数出す。茎は高さ10~25cm、やや幅の狭い葉が2枚互生する。
 5~7月、茎先に白い小花を15~20個、総状に咲かせる。
 花後は球形の液果がつき、赤く熟す。熟す前、表面が緑色と赤褐色がまだら模様になっているのも綺麗。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system