クマシデ  Carpinus japonica Blume/カバノキ科/落葉高木/別名 オオソネ、イシソネ
 2002年5月19日、明神台団地はずれ
 改造中の団地のはずれで見つけた。豪快な樹姿と満遍なくつく花が印象。名前は緑化公園で同じ木を見つけそこの名札から確認。

 材は硬く農器具、薪炭、椎茸のほだ木に用いる。樹の様子がたくましいことからの名前であろう。
 本州、四国、九州の山野の林内にはえる。
 高さ14m位。樹皮は褐黒色、鱗状の裂け目がある。葉は2列に互生し長さ5〜10cm。
 花は花は4〜5月、新葉と同時に開く。雄花穂は前年の枝から垂れ、雌花穂は若枝につき、果時に下垂。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system