クコ  Lycium chinense/ナス科/つる性落葉低木
 2001年10月19&21日、西谷付近の帷子川沿いの散歩道。
 薄紫色の花と橙紅色の実が綺麗だ。当ページを訪問いただいた方から、滋養、強壮として、中国ではお酒にお料理に、と利用されてます、と教えていただきました。
 東アジアの熱帯から温帯地に分布。晩秋の土手や溝のわきの荒地など。
 つる性で地面近くでよく枝分かれし、弓状に垂れる。枝は淡黄褐色で小枝はとげ状になる。
 花は薄紫の鐘形で紫色のすじがあり、上部は5裂し平開する。長さは1cmほど。
 実は熟すと透明感のある橙紅色になる。

 根の皮や乾燥させた葉は解熱剤に、若葉は干して茶に、果実は果実酒(クコ酒)に利用される
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system