コウホネ(河骨)  Nuphar japonicum/スイレン科/多年草
 2007年9月23日、新潟市福島潟


 水底を横にはう白く太い根茎を白い骨に見立てて、河骨(こうほね)と名づけたという。
 北海道、本州、四国、九州。池や沼、小川や水湿地など。

 草丈20〜60cm。葉は根生し長い柄を伸ばして水上に出る。長さ20〜30cmの長楕円形で、基部は矢じり形に切れ込む。
 花期6〜9月。直立した花茎に花径4cm内外の花。花のあと、水中で結実する。
 近似種にヒメコウホネ、雌しべの柱頭が赤いオゼコウホネ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system