キソケイ(黄素馨)  Jasminum odoratissimum L./モクセイ科/常緑低木
 2003年5月25日、峰岡町。
 鮮黄色の花が葉の緑に映えて美しい。

 ソケイの花に似て黄色いので名づけられた。
 アフリカのマディラ諸島(北大西洋ポルトガル領)原産。
 庭木や切花に利用するほか、葉は薬用にも。
 高さ3m。3〜7枚の小葉からなる羽状複葉で互生する。
 5〜6月にあまり香りのない黄色の花を多数つける。花冠は直径2〜2.5cmで深く5裂しており、長さ1.8cmの筒がある。
 近縁種:ソケイ(コモンジャスミン)、マツリカ(アラビアンジャスミン)。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system